2016年10月17日

公演打ち上げました!

劇団ウィルパワー第十五回演劇公演
「アフターダーク」
皆様のご声援のおかげで、無事に公演を打ち上げることが出来ました。

ご来場いただいたお客様。
公演期間中に、スタッフに励ましのお言葉を掛けて下さった方々。
また少しでも興味を持ち、フライヤーを手に取って頂いた方も、本当にありがとうございます。

劇団ウィルパワーにとっては、ほぼ初めて…
本公演で、劇作家と演出を違う人間が担当する挑戦でもありました。
書く行程の中に、緻密に演技・演出まで折り込んできた二人にとって、非常に苦しい稽古期間になったと思います。
また役者にとっても、宇宙空間に放り出されたように足がかりを得られず、最後まで役作りに骨を折っている様子が伺えました。

しかし。何より大事なことは、観覧頂いた方に届いたかどうかということです。

恐らくまだまだ粗が目立つ内容だったのではないでしょうか。
これからもウィルパワーは、平坦なくり返しに甘んじず、いつも使わない引き出しを錆びつかせず。
それでも、基礎をいい加減にして宇宙に飛躍するより、一歩一歩、地面を踏みしめていくような作品作りをしていきたいと思っております。

今回は舞台空間の広さを鑑み、少しでも快適に観覧いただくため、40席と席数を絞りました。
初日のお客様には、たいへんご不便をお掛けいたしました。三公演ともほぼ満席に迫る入場をいただき、感謝の念にたえません。

今後とも、劇団ウィルパワーを、よろしくお願い致します。

代表 鎭西祐美

IMG_2066.JPG



posted by willpowerblog at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

2日目公演直前!

DSC_0192.JPG
静かに公演二回目。
posted by willpowerblog at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 淳之介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

ついに公演当日❗️

役者たちは、最後の大詰めリハーサルの真っ最中です🌟
IMG_2061.JPG
デキる制作・HP担当 佐々木優子も、バリバリ準備中です✨✨✨
受付にて皆様をお出迎えいたします。

🌙たくさんのお問い合わせを頂き、本日19:30の回は満席のご予約を頂きました。

ご予約のないお客様は、整理券をお配りしてキャンセルをお待ち頂くことになります。

🌙16日の昼の回は若干枚。
そして16日夜!夜の回!!は、まだ空席がございます。
各回の開演1時間前より、当日券を販売しております。

🌙HP予約のお客様に、改めてお願いいたします。
当日は、お早めの到着をお願いいたします。
開演10分前を過ぎましてもお見えにならない時は、キャンセルとなる場合もございますので、ご容赦ください。

会場周辺の駐車場は、混雑が予想されます。
ギリギリ見えているのに、たどり着けない💦
そんな時は、ご予約の受付メールやDM、チラシにあります、劇団窓口のお電話までご一報ください‼️

それでは…!

IMG_2060.JPG

劇団ウィルパワー第15回演劇公演
「アフターダーク」
会場: 
秋田市大町 ココラボラトリー
時間:
10月15日(土)19:30〜
10月16日(日)15:00〜 / 18:00〜
(開場は開演の30分前)
✴︎ 公演時間 約45分 ✴︎
料金 1000円(当日券200円増)

TEL 090-4554-8006(加賀屋)
mail willpower@ab.auone-net.jp
(メールは直前のお問い合わせは対応出来ないこともあります。)
posted by willpowerblog at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

HP予約の方に、ご注意❗️

ここに来て、たくさんのお問い合わせを頂いております…
本当に、ありがとうございます😂

さて。HP予約を頂いた方へ。
また、隠し持っていた劇団員のチケットを「口頭で」予約された方に、ご注意です!

 ✨開演10分以上前✨に、会場にご到着頂けるように、なにとぞご協力のほど、お願い申し上げます❗️❗️

満席の回については、連絡を頂けない場合の遅刻は、予約解除となるかもしれません…🙇
10分前を過ぎますと、整理券でじーっとお待ち頂いた方を、優先させて頂きます!

駐車場の混雑等により遅刻される場合は、慌てずに、返信メールに記載しました、劇団窓口までご一報くださいませ❗️

ご迷惑をおかけいたします。
皆さまのご来場を心より、お待ちしています!


劇団ウィルパワー第15回公演
「アフターダーク」
メールフォームのご予約は、本日で締め切らせていただきます!

15日 19:30の回
 既にご予約にて、満席を予定しています。
16日 15:00の回
 若干の空席ございます。
16日 18:00の回
 まだまだ空席がございます。

よろしくお願いいたします✨
posted by willpowerblog at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

公演時間は45分✨

公演まで、もはや…目と鼻の先ではないか…!
たいへん迫って参りました。

ここで改めてお知らせです!

劇団ウィルパワー第15回公演 
「アフターダーク」
15日(土)19:30 の回は、満席のご予約を頂きました!
当日はキャンセル待ちの方のため、整理券の配布のみとなります。本日お問い合わせ頂いたお客様は、大変申し訳ございません🙇

HP予約をされたお客様も、各回の開演10分前まで到着されず、連絡も頂けなかった時は、ご入場頂けない場合がございます。
ココラボラトリー付近の駐車場は、毎回混雑が予想されます🚗💨
会場が見えているのにたどり着けない!
そんな時は、お電話等でご一報いただければ幸いです。

…しかして…16日(日)は、まだまだ余裕がございます。

特に18時の回❗️

18時の回は、いかがですか〜⁉️

本作の上演時間は、ギュギュッと詰まった✨45分✨と、大変コンパクトな仕上がりです。お夕飯の前に、無重力体験をしたい方。
ぜひご検討ください!


劇団ウィルパワー第15回演劇公演
「アフターダーク」 
16日のご予約はこちらから!



posted by willpowerblog at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

あといくつ寝ると・・・

あといくつ寝ると本番? ・・・というところまでやってきました。演出の加賀屋です。

本番までのうちに、今回の役者はどんなことをこのブログに書いてくれるのか楽しみにしていますが、一向に書く気配はありません(^_^;)

芝居の仕上げに余念がないので書く余裕がない、ということにしておきましょう。。。

役者は自分の思いの丈を表現するのは舞台の上でだけですから、これは至極当然のことです。



わたしはこれまで演劇にかかわるいろんなポジションに関わってきましたが、いかんせん外野での発言が多すぎましたw

反省する反面、自分たちが作る作品をすこしでも多くの方々に認識してほしい、理解してほしい、観に来てほしいといった思いもあふれていたんだな、ということも感じました。

今回はいろんな意味で区切りの公演になるんだろうな、という気もしています。

新しい代表のもとでスタートして早いもので2年経とうとしています。

どれだけ成長したか、変化したか、というのを観客の皆様にご披露する、という意味合いの公演にもなります。


ぜひ会場に足をお運びください。

チケットもそろそろ完売が見え始めてきました。各回あと一息です。

ぜひ声掛けてください。

よろしくお願いいたします。

posted by willpowerblog at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 淳之介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

どんな話なの?

自分の劇団内で作られる演目について。

つまりはね……と説明できないお話は、理解が不十分とつつかれても仕方がありません。しかし、今回は45分と凝縮された舞台なので、仕掛けを全て暴露するわけにもいかず。
ああ難しい。

確実に申し上げられることは、本公演もウィルパワーの根っこは<変わらない>ということです。
ぎゅっと短い時間で、人対人の衝突や絡み合いを描いたドラマを作ります。
くすっと笑える場面もございます。
ちがうのは舞台が、秋田ではなく、日本のどこかの街ではなく、地球ですらなく……
宇宙ですよという、それだけ。

主人公は、ちょっと身勝手な女性です。
いや……ちょっと……いや……?
プロットの段階では専門用語や設定よりも、それが気にかかりました。

我が強すぎる人に、共感を集めるのは難しいのです。
(我のない人間はもっと難しい)

けれど、渡辺が仕上げた脚本は、主人公の意志の強さはそのままに、
衛星のように彼女の周りをめぐる二人の役者によって、
すとんと胸に落ちてくる世界観を作ってくれました。

劇団随一の気ぃつかいぃである佐藤らん子が、
どうやってこのぴりりとした、「野望」あふれる女性を表現していくのかも
楽しんでいただけるポイントかと思います。

脚本を書くにあたって、渡辺は必死に専門書を繰り、
むつかしい概念を吸収して、作品に織り込んではありますが、
彼自身が強調している通り、それがお邪魔になることはありません。

主人公のどうしても叶えたかった「願い」を感じ取っていただけるように……

あと一週間。
役者たちの奮闘を見守ります。

IMG_2052.jpg

ウィルパワー第15回演劇公演
「アフターダーク」 
ご予約はこちらから!
(日曜日はマチネ/ソワレとも、まだまだまだまだ余裕がございます!)

posted by willpowerblog at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

そこに「生きる」 を感じる演出

「色気」 を感じる演出が好きです。
演技であり、台詞回しであり、戯曲が好きです。どきどきぞわぞわしてしまいます。

…などというと、劇団エロパワーの人々が目を輝かせそうですが。…コラ。

性的なものに限らず、陰謀や悪徳、欲望や衝動、飽くなき願いのようなもの。
人の体温、肺から押し出される空気、肉の重みを感じる瞬間に引き寄せられます。
なよやかではなく、時に強靭であり。あからさまではなく、がっちりとハートを掴む。

生きるしたたかさが好きと、言えるのかもしれません。

たいへん手前味噌なお話ですが…。
当劇団のドラマターグ・加賀屋の演出は、端々にこの色気が匂い立ちます。触れ合う指の湿度や、台詞の組み立てに、生きるものの足掻きや熱量がにじみます。
その指示は、一役者になると…わぁあ、やってみたい! 見せたい! 挑みたい! と、いうムズムズした衝動に駆られるのです。

今回のお芝居は、SFです。
けれど、無機質ではなく、人肌を感じる仕上げになっております。ぜひ、この「色気」 をお客様に感じて欲しい。
ココラボでお待ちしています!

image-dc511.jpeg
ウィルパワー第15回演劇公演
「アフターダーク」 
ご予約はこちらから
(日曜日は、マチネ/ソワレとも、まだまだ余裕がございます!)
posted by willpowerblog at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

三歩進んで、二歩…

進む!…という展開になれば良いのですが、なかなかそうは問屋がおろしません。
昨晩は、県民会館(ジョイナス)研修室にて、普段どおりの稽古。

image-b4c8d.jpeg
進化したはずが…おや…おやや?

芝居は生物(いきもの、なまもの)とは、使い古された文言ですが。
予定調和ではない。互いの息遣いを感じながら、手を携え、シナリオの上を走っていく。舞台は何度も、なるべくして結末にたどりつく。
そうあるべきなのです。
役者たちの奮闘は続きます!ファイツ!

劇団ウィルパワー第15回演劇公演
「アフターダーク」 
ご予約はこちらから
(土曜日の回が、やや残席少なくなって参りました!)
posted by willpowerblog at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

苦悩したい生き物

苦悩したい…訳ではないけれど。

初発の印象や思考だけでは、なんとも、ままならない。それが、役者の苦味であり、楽しみでもあります。
身体が作為について行かない。演出の意図が頭では分かっていても、体現できない。
思わぬダメ出しを食らったり、役の人物の理解できない側面が見えてきたり。

ときどき。なんの悪意も無く(むしろ善意で)
「あんなに台詞覚えられて、すごいねー!」 
とのお言葉を頂くのですが。

…そこじゃ、ないんだ…
…それはロボット大戦の戦闘機が「歩けた!」 みたいなレベルなんだ…分かりにくい…すみません…

今週に入り、一気に稽古日数も増え、稽古場も加熱してまいりました。
役者たちは、苦味の泥の中で立ち上がっては転び、また立ち上がるような瞬間が続きます。

ままならない上に、苦労してひねり出した演技も、ダメ出しを受け続ける。
何が楽しいんだい…?
そう言われかねませんが。こんなにも楽しい営みはないと言い切れるのです。
指示と苦悩と稽古の成果が、ぴたっと一本につながる瞬間。
面白かった!と、お客様からの昂奮を受け止める瞬間。
それを目指して。
image-03c3c.jpeg
ちょっと小休止…

劇団ウィルパワー 第15回演劇公演
「アフターダーク」 
ご予約は、特設HPから!
posted by willpowerblog at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

稽古前に。

チケット発売してから、約10日が経過しました。じりじりとご予約頂いております。
水曜日の稽古前に、演出から説明を受ける役者たちの図。
image-e8fd1.jpegimage-010a5.jpeg
笑ってはいるけれど、真剣。

劇団ウィルパワー 第15回演劇公演
「アフターダーク」
一回公演40席限定販売 下記特設ページにて、ご予約承り中です!


posted by willpowerblog at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

稽古の時間ですよ〜!

本日は、「練習室」 2 にて、立ち稽古です🌟
いつもは、ジョイナス「研修室」 2を使わせて頂いている我ら。鏡つきの練習室は、贅沢な気分になるものです。(せちがらい!)

役者さんたちも、いつにも増して熱が入っている…ようだ!そう見える!

image-67d8b.jpeg

劇団ウィルパワー 第15回演劇公演
「アフターダーク」

チケットどしどし発売中です!!
posted by willpowerblog at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

公演チケット絶賛発売中!

お暑うございます! カガヤです。

秋の公演、アフターダークのチケット発売開始しました。

告知媒体にしっかり書いていなかった大事なことですw

今回は各回40席限定です。ということで、ご予約で40席に達した時点で完売となりますので、

その回のご予約受付終了となります。
恒例となっている本番直前の増席は行いません。
どうしても完売の回にご覧になりたい方は当日のキャンセル待ちをご利用いただくことなります。

ただし、キャンセルが発生しない場合はお待ちいただいてもご入場いただけませんので、その際はご了承ください。

そのため、ぜひ空きのある日時にご予定を変更していただければ幸いです。

***********************************

さて、今回私加賀屋は演出を担当いたします。

自分自身では劇作と役者の志向が強いと思っているのですが、自分のテリトリーでは一番外殻に近いところの"演出"という仕事をやるわけです。

なので今回の作者の渡辺が稽古直前になって「自分も出ます」と言い出し台本を書き直してきた時には正直、フルボッコにしてやろうかと思いました。(←本当です。)

私だって役者やりたいのに…(^_^;)


ただ、そんな一番外殻という意識で関わっているせいか、演出をするときは一挙手一投足、セリフのアクセントやトーン、息遣い、視線の向け方や落とし方など、事細かに鮮明に見えてきます。

たとえて言うなら「登山する碑の前の日の夕食を食べている」ような状態で、誰一人として登山口にすら立てていない状態です。


台本はできています。ただし世に出した戯曲としては2.5本程度の作家の作品です。
私が見ても渡辺はあと10年は劇作を続けなきゃ本物にはならないだろうな、と思います。

作者も含めてですが、役者としても劇団としても、徹底的に返り討ちにあっても(なにから返り討ちにあうのかは良くはわかりませんが、、、)退路を断つくらいの意識で、今回は真正面から作品に向かい合って欲しいものです。

ということで、私も演出プランで頭がパンパンになっていますwww


ということで、ぜひお早目のご予約を!
posted by willpowerblog at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 淳之介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

間もなく。チケット発売!!

こんばんは。お盆も終わり、陽射しがほんのりと秋めいて参りました!
一か月もの間、稽古場情報がご無沙汰しておりますが、着々と本番への準備は進んで参ります!

そして、ついに、後1時間半後…
8月20日0時より、チケット販売を開始致します!
すでに劇団メールよりお問い合わせいただいたお客様、大変長らくお待たせしました。

劇団ウィルパワー 第15回演劇公演
「アフターダーク」

作・渡辺広之
演出・加賀屋淳之介


渡辺広之、渾身の一作。
チケットのお求めは、特設フォーム(20日に開きます)、および劇団に直接お問い合わせいただきますように!

今公演は、各回入場者数40人と限らせて頂いております。お待ちしております!

posted by willpowerblog at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

【公演情報】第15回演劇公演「アフターダーク」



【公演情報】


劇団ウィルパワー 第15回演劇公演
「アフターダーク」

作・渡辺広之
演出・加賀屋淳之介


アフターダークフライヤ-01.jpg

アフターダークフライヤ-02.jpg


闇の底で、見つけた光


あの日、孤独な少女は、闇の深淵で温もりに触れた。
あまりに強く愛を求めることは、罪だろうか。悪だろうか。
欲望は葛藤を超える。たとえその先に、そんな罰が待ち受けていようとも。
少女は信じる。そして走りだす。過去のために、未来に向かって走りだす。

時は流れ、超大型ハドロン衝突型加速器、世界初の実験開始直前…。



【日時】
2016年10月15日(土) 19:30〜
     10月16日(日) 15:00〜 / 18:00〜

【会場】
ココラボラトリー
(秋田市大町3丁目1−12川反中央ビル1F)

【チケット・ご予約】
1000円(当日1200円)
特設HPの専用予約フォームよりご予約ください。


各回限定40席ですので、チケットのご予約はお早めに。
※チケットは劇団ウィルパワーのみでのお取り扱いです。







posted by willpowerblog at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

次回公演、始動しています!

本日、初の立ち稽古。
演出にも熱が入ります。

image-94c79.jpeg
image-0df9b.jpeg

芝居が育っていく日々、ワクワクしますね!


「アフターダーク」 
脚本 
 渡辺広之
演出
 加賀屋淳之介

会場 ココラボラトリー
公演日時
10月16日(日)15:00 /  18:00
(全3ステージ、開場は開演の30分前)

チケット 1000円(当日200円増)
チケット発売日 8月20日(土)劇団にて予約受付開始
✳︎各回40席限定となっております。お早めにご予約ください。

 


posted by willpowerblog at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

「オルガンは語る〜3人のオルガニストによる「ことばと音楽」を巡るコンサート」

加賀屋です。

*********************

アトリオン音楽ホール6月の秋田県主催事業
「オルガンは語る〜3人のオルガニストによる「ことばと音楽」を巡るコンサート」

2016062319450000.jpg

詩はうたに
恋している、
ことばは音楽に
恋している。

2016年6月25日[土] アトリオン音楽ホール
14:00開演 [13:30開場/16:00終演予定]
全席自由 一般前売 \1,000(当日\1,500)/学生 \500
※学生券の対象は25歳までの学生で、ご入場の際は学生証の提示が必要です。

出演:香取智子(アトリオン音楽ホールオルガニスト)
   小野なおみ(宮城学院女子大講師)
   後藤香織(尚絅学院大学オルガン講座講師)
  
(朗読)加賀屋淳之介

*******************

本当に久しぶりにステージに立たせていただきます。

今回声をかけていただいた香取智子先生のオルガンの演奏と加賀屋の詩の朗読のコラボレーションです。

詩は谷川俊太郎さんの作品。

ウィルパワーの初期のころは朗読や語りの面白さ、深さを追及する企画を行っていました。

言葉をどれだけ自由に表現できるか、その可能性をとにかく自分たちの出来うる限りの力で展開していました。

すると面白いことがわかってきます。

『自由さを楽しむことは表現の多様性を生むが、一方で必ず、「型にはまる」ということをしっかりと身に着けておかなければならない』、

そして、

『型を追い求める時に、"こうであらなければならない"という限定的な考えだけで理解しようとすればするほど表現が陳腐になってしまう』

ということ。

むずかしいかな?

裏を返せば、自由な表現を追い求めてばかりいたり、我流のみでの表現を続けていれば、
どんどん「浅く」「無味乾燥」な表現になっていきます。

さあ、今回はどんな経験を積むことができるのでしょうか。

みなさんもぜひ上質な音楽のひと時を味わいにいらしてください。

                       (加賀屋)
posted by willpowerblog at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 淳之介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

秋田市民劇場「北の窓」

劇団・秋田市民劇場 50周年記念公演

「北の窓」

6月18日(土) 18:30開演
6月19日(日) 13:30開演

秋田県民会館 ジョイナス 小ホール

当日のみ 500円

sg.jpg
************************

私、加賀屋の古巣である劇団・秋田市民劇場は間違いなく私のルーツです。

18年在籍したので、私の演劇歴のまだ半分以上は市民劇場です。

ただ退団後に触れたこと、吸収したことそして出会った人はその18年間をはるかにしのぎます。

ではこの18年間は私はなにをやっていたのかと言えばそれは「演劇とは何かということを深め」、「どんな作品であれ、演劇は"人間賛歌"でなければならない」「秋田で演劇をやるからには、やはりオリジナル作品を上演しない限りは秋田の演劇であるとは言えないのではないか。」ということを学んだ期間だったように思います。

そんなことばかり考えていたので、良くも悪くも、いまだに私の演劇観は堅めです。

それが退団して12年を過ぎ、古巣で学んだことを検証し、新たに触れていくものを理解したり、あり方に疑問を見つけ、「では今この時点で自分ならばどんな作品を秋田に、観客に提示できるのか?」をいつも考えてきました。


それが達成できたことに喜んだり、うまくできないことに腹立たしく思ったり、やきもきしたり、絶望感を味わったり」しました。


"劇団"が続いていくことは"加賀屋流"が続いていくことではないことを実証しようと思い、早々と代表も次の世代に譲りました。この成果はまだ出ていませんが・・・。


市民劇場は50周年を迎えました。

日本の高度成長やバブル、そして長い長い不況を味わい、日本人の物の考え方もずいぶん変化し、多様さも見せています。

その中でも、昭和60年代以降のほとんどを代表の佐藤修三さん(私もそうですが、周りの人間は"修さん"と言っています。)が自分のポリシーを貫いて劇作を続けてこられたということは、ただただ頭が下がる思いであります。


もはや私は自分の道を進むしかありませんが、これまで歩いてきた道は決して間違ってはいなかったと自信を持って言えるようになりました。


『北の窓』とはなんとも意味ありげなタイトル。

横につけたコピーの「変わらぬもの 変わったものの歩み」とはいかにも修さんらしい。

このコピーだけで心をヤスリでザッとかすられる人がいるはずです。私もそのうちの一人です。
posted by willpowerblog at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 淳之介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

寒さに思う

鎭西です。
北からの寒波に揺さぶられております。猛暑の5月に引き続いての、この荒波。
みなさま、ご自愛くださいねー。

言葉も勿論ですが、秋田で演劇をする上で、『気候』と『家の作り』も、つまずきポイントです。
2013年に上演した「ネッシー」は、初めて文化会館の脚本・演出をさせて頂いたのですが。
以来、ずーっと仲間に言われるのが。

「家の形が、秋田ではありえない」

なぜ冬に縁側に出るのか。なるほど。関東ぽいのに、もはや東京ではない。なるほど。
秋田っぽく、と偽るほどボロが出るものです。
パッと見た時の異物感は、しこりのように観劇中は残っていくものです。課題です。

さて…
そんなウィルパワーの次なる挑戦は、10月。

渡辺広之 脚本
秋田でもない、日本でもない、地き……乞うご期待です!!


posted by willpowerblog at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

たかみな。

こんばんは! 加賀屋です。

いまさらながらなのですが、高橋みなみの『リーダー論』を読み終えました。

tkmn.jpg

10万部を突破したという本。



AKB48の総監督をつとめてきた彼女の考える"リーダー"とは?・・・

リーダーのあり方や、人をまとめる力、その方法論、スピーチ力などをテーマに書かれています。

当然ながら彼女は文章の専門家ではないので言葉のつたなさはあるのですが、
すべて彼女が経験し感じてきて、実践してきたことだからこそ文章に説得力がある。

読んでいてものすごく引き込まれます。

読みやすさもあってか半日ほどで読み終えました。(半分は病院の待合でしたがwww)


まがいなりにもリーダーを経験した私ですが、彼女の経験と言葉に
改めて自分のリーダーとしての至らなさをいまさらながら痛感しています。

みなさんも機会がありましたらぜひ読んでみてください。

得るものがきっとありますから。
posted by willpowerblog at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 淳之介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。